デリケートゾーンのかゆみを改善するには

デリケートゾーンのかゆみは、高齢になると慢性的に起こりやすくなるそうですが、皮膚に発疹などの異常がないにもかかわらず、かゆみを感じる病気もあるそうです。「皮膚掻痒(そうよう)症」という病気で、皮膚に原因がないのに脳にかゆみの情報が伝わり、かゆみを感じてしまうといいます。かくことが刺激になり、さらにかゆくなり、この悪循環で皮膚が黒ずんで厚くなったり、傷ができたりすることもあるそうです。ストレスなど精神的な影響も考えられるということで、かゆみ止めなどの薬だけでは完治は難しいようです。寧ろ生活上の注意などで改善できることがあるそうです。かゆみは体が暖かくなると強く感じるので、保温性のある下着は避けた方がよいといいます。また保冷剤をタオルなどで巻いて患部を冷やすと、症状が和らぐともいいます。不眠が原因になる場合もよくあるそうで、不眠治療をすることで、かゆみの症状も同時に治まることもあり、生活習慣を改善することを心掛けることが効果的のようです。刺青の除去する方法は手術やレーザー治療になります